ダイエット中の飲み会で気をつけたいこと

お付き合いで断れない飲み会から、気の置けない仲間との楽しみな飲み会など、ダイエット中でも飲み会に参加する機会というのは結構ありますよね。 ダイエット中だからといって全ての飲み会をキャンセルするなんてできないし、できるとしても、とてもストレスフルですよね。 やりたいことを完全に我慢してしまうのはよくありません。 太りにくい飲み方を身につけて、ダイエット中の飲み会を乗り切りましょう。

飲み会前後の食事のカロリーを抑える

どれだけ気を使っても、飲み会の時はいつもよりもたくさんカロリーを摂ってしまうものです。 飲み会があるとわかっている日は、朝食と昼食のカロリーを控えめにするように気をつけましょう。 急な飲み会の場合は、次の日の朝食と昼食を抑え気味に。 次の日は休日の場合は、朝食を、野菜や果物、酵素サプリのみの食事にしてしまっても良いでしょう。

おつまみの種類を意識する

串カツやから揚げなど、おつまみにはカロリーが高いイメージがありますよね。 でも、居酒屋さんのメニューを良く見てください。 意外にヘルシーなおつまみもありませんか? おつまみの中でもなるべくヘルシーで栄養バランスのとれたおつまみをチョイスするようにしましょう。 例えば、枝豆や冷やしトマト、酢の物や冷奴などです。 また、ほとんど同じおつまみでも、タレよりも塩を選んだり、焼き物よりも蒸し料理を選んだり、少し気を使うだけでもカロリーが全然違うことがありますよ。

お酒とおつまみの無限ループに気をつける

当然ですが、お酒とおつまみはとても愛称が良いです。 おつまみを食べることでお酒が進み、さらにそのお酒によって食欲が増して、おつまみをどんどん食べる、という無限ループに陥らないよう、気をつけてください。 例えば、ジューシーなから揚げと、すっきりとした飲み口のビール。 いくら、お酒の中ではカロリーが低めのビールでも、から揚げビールのループを延々と繰り返して1リットルも2リットルも飲んでいては、太らない訳がありません。 始めの1、2杯はビールでも良いですが、途中からは、チーズや漬物などをつまみながら、ワインや焼酎をちびちび飲むようにすると、お酒おつまみ無限ループにはまりにくいと思いますよ。

シメとデザートに気をつける

ダイエッターがシメにラーメン、デザートにケーキなどを食べていてはいけません。 シメは、お寿司を数個つまむ程度にするか、雑炊などをお茶碗半分くらい食べる程度に留めておく、デザートは杏仁豆腐やゆずシャーベットにする、などの工夫が必要です。 また、「今日は飲み(食べ)過ぎたなー。」と思ったときは、無理してシメを頼まず、にソフトドリンクだけ注文するのもありでしょう。 飲んだ後に水分をたっぷり飲むことで、肝臓への負担を軽くし、二日酔いを防いでくれる作用があります。



ダイエット中とはいえ、飲み会に参加せざるを得ないことはありますよね。このページに書かれていることを意識しておけば、後悔のない飲み会にできるはずです。常にダイエットのことを意識して、飲み会を楽しみましょう。

Copyright © 本気で痩せる!!失敗しない30代からのダイエット All rights reserved