ダイエットに効果的な睡眠方法とは?

22時から2時の間に睡眠をとるようにする

お肌のゴールデンタイムという言葉を聞いたことはありませんか?
22時から2時の間がお肌のゴールデンタイムと言われています。
この時間帯は細胞が活性化して新陳代謝が活発になるので、この時間帯にしっかりと睡眠を摂ると美肌効果が期待できるというわけです。

もちろん肌の細胞だけでなく、ほとんどの細胞がこの時間帯に活性化するので、この時間帯にしっかり眠ることで、新陳代謝が効果的に行われます。
その結果、朝には一日分の酵素が満タンになっているので、からだの生理リズムに沿って、代謝→排出→消化吸収を行うことができるのです。
毎日決まったリズムで代謝・排出が行われることで、痩せやすい体をつくることができるのです。
つまり、ダイエットを効果的に行うためには22時から2時の間になるべく良い睡眠をしっかりととることが大切です。

7時間以上睡眠を摂ることを目標にする

睡眠時間が不足すると、「レプチン」という、食欲を抑えるホルモンが多くなる、「グレリン」という食欲を増進させるホルモンが少なくなります。
4時間以下しか睡眠を摂らない人は、7時間以上睡眠を摂る人と比較すると肥満のリスクが2倍近くにもなるといった研究結果もあるそうです。
しかも、睡眠不足の人ほど、高カロリーの食事を好むようになるという説もあります。

大して動いていないのにお腹が減りやすいという人は、一度自分の睡眠時間を見直してみてはいかがでしょうか。

良い睡眠を摂るように心がける

毎日7時間以上の睡眠を摂るのが一番良いのですが、生活スタイルによっては、難しいですよね。
そんな場合は、睡眠の質を上げるようにしましょう。
睡眠の質を上げる方法は以下の通りです。

  • 寝る前にテレビやパソコンの画面を見ない
  • お風呂に入ってリラックスする
  • 寝る直前に食べたり飲んだりしない
  • ミルクや豆乳など睡眠導入ホルモンの原料である「トリプトファン」を含む食品を摂る





睡眠はダイエットととても深い関係があることをご存知ですか?今回はダイエットに効果的な睡眠方法についてご紹介いたします。ダイエットに効果のある睡眠を摂るためには22時から2時の間に寝ること、7時間以上睡眠をとること、質のよい睡眠を摂ることがとても重要です。

Copyright © 本気で痩せる!!失敗しない30代からのダイエット All rights reserved