30代女性が目指す!理想的な体脂肪率の目安とは?

ダイエットをしている人ならまず、BMIの数値を気にした事はありますよね?

BMIは体重(kg)÷身長÷身長(m) で算出する事が出来ます。

ダイエットといえば、このBMIの数値を目安にしている方も
多いと思いますが、実はBMIの数値は、あまりあてになりません。

同じ身長と体重でも、運動している人とそうでない人が、
同じ体型かと言われるとそうではないからです。

そんな時、BMIよりも参考になるのが体脂肪率です。

一般的に、30代女性の理想的な体脂肪率は、20〜27%程度といわれています。
27%以上は、太り気味20%以下は痩せ気味という結果になっています。

また、理想的な体脂肪率は、健康を重視するか、美容を重視するかでも変わってきます。

健康重視の場合は24%前後、
美容重視の場合は20%前後になります。

【体脂肪率別の目安】


では、体脂肪率の目安を見てみましょう。

体脂肪率8〜10%

女性が生存するのに必要な体脂肪率なので、これを下回るとそもそも生命維持ができません。

体脂肪率10〜12%

ボディビルダーの方は、この位の体脂肪率だといわれています。

筋肉から、血管が浮き出たような状態になります。
ただ極端に数値が低いので、生理は来なくなりますし、健康とはいえません。

体脂肪率17%〜20%

モデルさんに多い体脂肪率です。やや低体脂肪率の分類に入ります。
健康を維持できるギリギリのラインですが、中にはそれでも
生理が来ない人も居ます。少し女性らしいラインに欠ける体型です。

体脂肪率20〜27%

一般的な範囲の体脂肪率です。女性らしい丸みを帯びたラインが出てきて、
健康的にも、一番理想的な範囲だといえます。

体脂肪率28〜30%

腰やお尻、太もも付近にも脂肪が付いてきて、太り気味と言えます。

体脂肪率35%以上

腰やお尻、太ももだけでなく、顔や首周りにまで脂肪がついてきたり、
ぽっこりお腹の、いわゆる肥満状態です。




体脂肪率が、17〜27%程度なら健康は維持できるレベルです。
数値が低ければ低い方がいいわけではないのです。

多すぎても少なすぎても健康を害してしまうので、ダイエットをするにしても、
24%前後を目安にすると良いと思います。






Copyright © 本気で痩せる!!失敗しない30代からのダイエット All rights reserved